風俗遊びをしていると楽しくて、時間が経つのがあっと言う間の気がします。
ずっとこのままプレイを味わっていたいと思うことばかりです。

しかし残念ながら風俗は全てが楽しいことだらけでもありません。
たまには辛いこともあったりするものです。
どんなことが辛かったか、挙げていってみようかと思います。

口臭がやばい風俗嬢にあたってしまった。
この時ばかりは早く終わってくれないかと思ったほど。
ちゃんと歯磨きやリステリンでケアをしている姿は見たんですけどね…。
内臓が悪かったのかもしれません。

ガリガリに痩せた女性が登場。
服を脱ぐまで分かりませんでした…。
裸になった風俗嬢はまるで骨の様。
全く興奮することができず、一度も射精せずに終了しました。

お気に入りの子と些細なことで喧嘩。
何度も指名して仲が良かったはずだったのですが、ちょっとしたことで揉めたんです。
最後に「もう二度とお店に来ないで」と言われたのは辛かった。
もちろんそれ以来一度も会っていません。

別の大好きだったお気に入りの風俗嬢が突然お店を辞めてしまった。
何回通ったか覚えていないほど、とにかく夢中になってしまった女の子です。
顔も声もどストライクな女子大生だったので、まるで失恋した様な気持ちでしばらく凹みました。
もう一度会いたいと思ってしまうことがあります。

熟女専門のデリヘルでフリーで遊んだ時、母と同じ年齢の女性が来てしまった。
年齢の割に綺麗な女性だったのですが、親と同じ歳と知ってしまうと…。
何だか変な気分でサービスを受けていたことを覚えています。

病気をもらって辛かったとか、怖い人が来て辛かったということはありません。
これからも出来る限り辛いと感じずに風俗を楽しめたら良いなと思っています。